◎会員制度

社会福祉協議会は皆さんの助け合いの心に支えられています。

 

社会福祉協議会(社協)の会員制度は、社協の活動理念や趣旨に賛同する個人・団体が会員となり、社協が行う地域に根ざした福祉活動に財政的支援をしていただくもので、地域における福祉課題解決の取り組みを、広く住民の参加と協力、支持のもとに進める住民主体の助けあいのしくみです。

 城東区では2004(平成16)年からスタートし、これまで区民のみなさんの支えによって、ボランティア活動、ひとり暮らしや寝たきりの高齢者の支援をはじめとし、不登校・引きこもり親の会、発達障がいについて考える会などをはじめとした社協独自の地域福祉事業や各校下社協のさまざまな福祉活動を進めていくことができました。

 

この数年の間にも新たな住民ニーズにこたえるため、生活困窮者自立相談支援に関する取り組み、孤立死の防止や災害時の避難支援を視野にいれた地域における要援護者の見守りネットワークを強化するための事業、認知症の早期相談・支援などに取り組んできました。これからも多様化するニーズにこたえるため事業を展開するとともに、社協の会員制度を通じて、区民が身近な地域の福祉課題に気づき、助け合うしくみづくりの充実を図るために、会員拡充に努めます。

 

 

【お問合先】電話:06-6936-1153