◎城東区ボランティアビューロー

ボランティアに関する相談・支援を始め、ボランティアの育成・需要調整などを行います。ボランティアに関する専門員(ボランティアコーディネーター)がボランティア活動に対するさまざまな相談をお受けしていますので、お気軽にご相談ください。 

 ※ビューローとは「事務所」という意味です。

 

※現在このボランティアビューローを発展させた 【城東区ボランティア・市民活動センター】 の開設に向けて準備を行っています。このページで随時お知らせさせていただきます




 

城東区ボランティア・市民活動センターオープン記念イベント開催!!

 

 4月22日(土)、「~暮らしがもっと楽しくなるDIYセミナー~第1回プロから学ぶオリジナルフレームワークショップ」を開催しました!(^^)!

 

当日は、一参加者として臨みました城東区社協の畑下(はたした)が参加者としての感想も入れつつ報告します。長―くなりますが、お付き合いください>^_^<

 

今回のセミナーの先生は、蒲生4丁目の古家や長屋を活かした、活気あるおしゃれでかっこいい町づくりを進められている、がもよんにぎわいプロジェクト代表の和田さん!

 

 

では早速、講座開始→→→

 

 

和田さん「みなさん、今日は、それぞれ違う洋服を着ているけれど、家に帰ると、壁って白色じゃないですか?服を着替えるように、壁紙も変わっていいんじゃないかなって思うんですよね。DIYを通して生活に彩がだせるんですよ。」

 

 

参加者「なるほどー(_)

 

和田さん「とりあえずやってみましょう」



 

参加者同士、なんだか初めてお会いしたとは思えないフレンドリーな雰囲気でスタート!

 

好みの壁紙を選び、切り、型をつけ、貼り、押さえ、伸ばし、切り、、、ちょっとしたコツが必要なんです!

 

「まあ失敗しても、裏面もできるから大丈夫~」と和田さんから心強いお言葉)^o^(

 



 

みなさまお上手!!初級の講座とは思えないくらいお上手な方も・・・

 


完成!!終始なごやかムードで終了しました(*^_^*)

 

アンケートでも「また参加したーい」とのお声いただきました!(^^)!

 

ご参加ありがとうございました)^o^(

 


 

あとがき

 

今回の講座は城東区ボランティア・市民活動センター(ボラセン)のOPEN記念イベント第1弾として開催しました。

 

ボラセンでは、新たな出逢い、広がり、つながり、を通して城東区がよりよいまち・今よりもっと愛着が増すまちになれるように、ボランティア・市民活動の応援をしていきます。

 

そんなボラセンのOPENに向けて、昨年の夏に城東区ボラセン開設準備委員会を結成し、福祉関係やボランティア、地域活動、大学、区役所など、様々な方面で活躍されている方々が集まって、今後の展開について話合いを重ねています。

 

その話合いの中で、「生活に変化ができる楽しさ」や「だれかにしてあげたくなる」要素を持つDIYセミナーが和田さんから提案されました。

 

和田さんが講座の初めに語った「生活への彩」というフレーズ・・・

 

技術を覚えると、自分だけでなく、家族や誰か大切な人のために、してあげたくなるものではないか、そんな温かいおもいやりの輪が広がっていくきっかけを今後、城東区ボラセンでも創っていきたいなあと感じています(*^_^*)

 

(畑下)

 


具体的な活動

◆ボランティアの相談や情報の提供

ボランティア活動をしたい方の相談や活動の紹介をします。

また、支援を必要とする方に応じ、ボランティアを紹介します。

◆ボランティアをサポート

登録ボランティア(個人・グループ)間の交流や連携をサポートするため、年2~3回連絡会を開催しています。

また活動に役立つ色々な学習会や研修会も随時開催しています。

 【お問合先】電話:06-6936-1153